人気のローンの一本化の注意点について

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、おまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

参考:ローン一本化注意点は?審査通らない?【利用限度額ある?】